10/1〜配送料改訂のお知らせ

ブラウザのバージョン確認ならびに設定変更について

ご利用のブラウザアイコンをクリックしてください

ご利用のアイコンをクリックすると該当の確認項目に遷移します。

Internet ExplorerMozilla FirefoxGoogle ChromeApple Safari


Microsoft Internet Explorerの確認・設定方法

対応1:TLS1.2を有効にするため、ブラウザのバージョンをご確認ください

▼Internet Explorer のバージョン確認方法
https://www.microsoft.com/ja-jp/security/pc-security/ver_ie.aspx

⇒Internet Explorer 8以降に対応している場合・・・対応不要。(対応2へ進む)
⇒Internet Explorer 7以前をご利用の場合・・・・・・・Internet Explorer 8以降にアップデート後、対応2へ進む

▼Internet Explorer のアップデート方法
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-vista/Update-Internet-Explorer/?cm_sp=Sup-_-vb_syscheck-_-versionup_IE

注)Internet Explorer 8,9、且つOSが「Windows XP/Vista/Server 2003/Server 2008」の場合、接続不可となりますのでブラウザまたはOSのアップデートをお願いいたします。

対応2:TLS1.2を有効にするため、設定変更をお願いいたします 

手順1:Internet Explorerを開き、「ツール」のアイコンをクリック後「インターネットオプション」を選択し、「詳細設定」ボタンをクリックする

手順1
▼ツールバーが表示されない場合の対処方法

https://support.google.com/toolbar/answer/9245?hl=ja

手順2:「インターネットオプション」ウィンドウの「詳細設定」タブを開き「セキュリティ」の項目まで画面をスクロールし『TLS 1.2の使用』にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックする

手順3:画面を閉じたら、TLS 1.2の有効化の設定変更手続きが完了

Mozilla Firefoxの確認・設定方法

対応1:TLS1.2を有効にするため、ブラウザのバージョンをご確認ください

▼Mozilla Firefoxのバージョン確認方法
https://support.mozilla.org/ja/kb/find-what-version-firefox-you-are-using

▼Mozilla Firefoxのアップデート方法
https://support.mozilla.org/ja/kb/update-firefox-latest-version

対応2:TLS1.2を有効にするため、設定変更をお願いいたします 

手順1:Mozilla FirefoxのURL欄に”about:config”と入力し、アクセスする。動作保証対象外となる警告画面が表示されるが、先へ進む。

手順1

手順2:詳細設定画面にて設定名「security.tls.version.max」の値を“3”に変更する

手順1

手順3:Mozilla Firefoxを再起動し設定を反映する

Google Chromeの確認・設定方法

TLS1.2を有効にするため、ブラウザのバージョンをご確認ください

▼Google Chromeのバージョン確認
https://support.google.com/chrome/answer/95414?hl=ja

Safariの確認・設定方法

TLS1.2を有効にするため、ブラウザのバージョンをご確認ください。

▼Safariのバージョン確認
https://support.apple.com/ja-jp/HT204416

MENU

CLOSE